corporate management

クレーム対応など

クレームが起こりやすいケース

事例①

新製品は発売から半年をめどに製品の完成度を高めるようにしている。

その間のクレームには技術部門を含めて全社をあげて、積極的な対応に応じる。

その後は、営業部門のみで対応を行う。

事例②

独立行政法人製品評価評価技術基盤機構(NITE)の事故原因の調査報告や提言に注意する。

その上で、消費生活用製品安全法に基づく指示命令が出るまで企業からの積極的な対応は控えることにしている。

事例③

生産現場で起こった、トラブルは直ちに工場長に伝えられる。

その上で、工場の独立採算性を勘案して各工場段階で対応措置が取られるようにする。

本社へはその措置の目処がたった段階で報告される。