corporate management

ライバルとの競争

ライバルとの競争

市場において、コスト競争や差別化だけでなく、ビジネスの様々な局面で戦略的な展開がされる。

事例① 別の商品へ対抗する  

自社の主力製品の即席カップ麺にライバル企業が攻勢をかけてきた。

そのため、対抗策としてライバル企業が得意とする袋入即席麺に自社製品を大量投入することとした。

事例② ライバルに負けないために 

先端技術をめぐって有力な大学や各種研究機関との共同研究を他社に先行して確保する。

その結果、自社の研究開発部門の強化を図ることとした。

事例③ 価格設定とは?

ライバルの製品と技術差異はあるが、顧客は価格に敏感に反応する。

その結果、販売網を再構築する。ライバルと同じ価格を守りながら、シェアの増大を図ることにしている。

事例④ ニーズ対応✖️差別化

旅客ビジネスにおいて、

硬直的な価格体系や画一的なサービスを提供しているライバル企業が存在する。

一方で、当社は??

同一の路線を頻繁に利用する顧客のニーズを即して定時運行を心がけ心温まるサービスの提供をすることにした。