corporate management

人事評価(考課)

人事評価(考課)

従業員個々人の知識性格職務遂行能力適正業績などを一定の基準を元に評価する。

別称を人事考課ともいう。以下より人事評価として説明する。

人事評価の項目

人事評価は主に3つの評価項目から構成される。

能力評価

仕事経験や教育訓練を通して蓄積された、職務遂行能力に着目した評価

情意評価

職務遂行する過程(プロセス)に着目した評価項目。仕事に対する姿勢や勤務態度を評価対象として考慮する。

業績評価

業務によって、実際に生み出された(顕在化した)成果に着目した評価項目

 

人事評価での課題と対策

人事評価の課題

人事評価の課題として、評価者自身の心理的な主観(評価の時間帯や順番など)による評価誤差が生じる点が挙げられる。代表的な効果を以下に挙げる。

ハロー効果

特定の要素や特徴によって全体の評価に影響を与えてしまうこと
そのような状況になる原因を以下に挙げる。

  • 評価を受ける者の全体から受ける印象(ブランディング、ポジショニングから部分的特性まで判断してしまう
    評価対象者にはマイナス
  • 何か優れた部分があると、その部分的印象だけで全体的評価をしてしまう
    評価対象者にはプラス

 

エラーの諸対応策

考課者訓練

○考課者訓練とは??
:考課者自身の能力向上、心理的誤差の排除

自己申告制度

○自己申告制度とは??
:従業員自ら自身の才能、能力、希望職種、職位など申告してもらう
⇨管理者側は労働者の能力、欲求にできるだけ即応できるように人事管理上の配慮する制度

多面評価

○多面評価とは??
:複数の評価者によって行われる人事考課
⇄上司以外の同僚や部下、関連する他部門の担当者、顧客や関係会社といった社外の人など

🤔例えば
:360度評価など。