Economics

トービンのq理論

トービンのq とは?

投資を行うかどうかの判断指標の1つである。

トービンのq = 企業の市場価値(株価総額 = 株価✖️発行株式枚数)/(資本ストックを買い換える費用総額)

※資本ストックを買い換える費用総額とは、企業が保有している土地や設備などの資本ストックを市場価格で新たに買い換える時に必要な費用。

投資判断
トービンのq<1 → 負の投資(資本ストックの減少)
1<トービンのq → 投資が行われる

 

トービンのqの例

下記の例は正しい or 誤りか?

トービンのq理論では、企業価値(株価総額 + 負債総額)が現存の資本ストックを再び購入するために必要な費用を上回るほど、設備投資は実行される。

正解は正である。企業価値が上回る → 1<トービンのqとなるため。