Economics

フィリップス曲線

フィリップス曲線

イギリスにおける、19世紀半ばからの約100年間のデータから発見された失業率と名目賃金上昇率の関係性失業率と(名目)賃金上昇率には負の相関性がある。

  • 失業率が低い  名目賃金の上昇率が高い
  • 失業率が高い  名目賃金上昇率が低い

 

物価版フィリップス曲線

失業率物価上昇率には負の相関性がある。一般的には物価上昇賃金上昇には正の関係性がある。なので、失業率と物価上昇率の関係曲線も以下図に示すようになる。

※物価上昇率が0の時の失業率を自然失業率という。

ケインズ経済学

 

マネタリズム

 

オークンの法則

国民所得失業率負の相関関係を示す経験則のこと。

  • 失業者が減少する  労働者が増加する ⇨ 国民所得が増加する
  • 失業者が増加する ⇨ 労働者が減少する ⇨ 国民所得が減少する