Economics

消費関数

ケインズ型消費関数

ケインズ型消費関数は、(今期の)消費(今期の)所得に依存すると考える考え方。

C=cY+C0

C:(今期の)消費、Y:(今期の)国民所得、c:限界消費性向、C0:独立消費

  • 限界消費性向:所得が1単位増加した時の消費の増加分(0< c <1)
  • 平均消費性向:国民所得Yに占める消費(独立消費C0を含む)の割合

 

例題

下記表の状態の時の限界消費性向は??※非消費支出:所得税、社会保険料

解き方)

実収入から非消費支出を差し引いた金額が所得Y(x軸)として考える。消費支出は消費Cである。

したがって、限界消費性向cは (E-B)/((D-F)-(A-C))

貯蓄

貯蓄とは所得のうち、消費されない部分である。すなわちの以下の関係式が成立する。

S=YーC

S:貯蓄、Y:(今期の)国民所得、C:消費

 

上記関係式へケインズの消費関数を代入すると

S=YーcYーC0S=(1ーc)YーC0

S:貯蓄、Y:(今期の)国民所得、1-c:限界貯蓄性向、C0:固定費

  • 限界貯蓄性向:所得が1単位増加した時の貯蓄の増加分(0< 1-c <1)
  • 平均貯蓄性向:国民所得Yに占める貯蓄(独立消費C0を含む)の割合