Economics

貨幣供給と金融政策

貨幣供給

貨幣市場と財市場の体系図を以下に示す。貨幣供給とは中央銀行(日本銀行)が行う。需要(消費)家計、企業、政府が行う。

マネタリーベース

日本銀行が世の中に直接的に供給する通貨のこと。

マネタリーベース = 流通現金 + 日銀当座預金

流通現金 = 日本銀行発券高 + 貨幣流通高
流通現金:市中に出回っているお金を示す(金融部門の保有分も含む)、日本銀行券:紙幣、貨幣:硬貨

マネーサプライ

マネーサプライ(マネーストック)とは、金融部門から経済全体へ供給されている通貨の総量のこと。

たとえば

一般社団法人、個人、地方公共団体などの通貨保有主体(金融機関・中央政府を除いた経済主体)が保有する通貨(現金預金や預金通貨など)を集計したもの

マネーサプライ = 流通現金 + 預金
※今回では流通現金には金融部門の保有分は含まない

ちなみに

対象とする通貨の範囲に応じて、以下図のように4つの指標を公表している。※預金通貨:普通預金、当座預金など

広義流動性=M3+金銭の信託+投資信託+金融債+銀行発行普通社債+金融機関発行CP+国債+外債

貨幣乗数

貨幣乗数(信用乗数)とは、マネーサプライがマネタリーベースの何倍になるかを表した数値のこと。

マネーサプライMの式に変更すると

c:現金預金比率、r:準備率

  • 準備率rが小さいほど、市中銀行は貸出しに回せる金額が大きくなるため、貨幣乗数は大きくなる。
  • 預金比率cが小さいということは、通貨を現金で保有せずに預金で保有しようとする人が多いということ意味し、これは市中銀行が貸出に回せる金額が大きくなるため、貨幣乗数は大きくなる。
  • 預金Dが大きいということは貨幣乗数は大きくなる。

 

ちなみに

2008年にマネーストック統計の見直しが行われた。ゆうちょ銀行への要求払預金がM1に含まれるようになった。

 

金融政策