Economics

AD曲線(総需要曲線)

AD(Aggregate Demand)曲線は、横軸に需要、縦軸に物価をとった曲線のこと。IS-LM曲線との関係を示す。

貨幣の需要・供給とISーLM曲線

価格は P0 < P1 < P2であるとする。

価格Pが減少することによって、実質貨幣供給(M/P)が増加するLM曲線は右にシフトする。均衡国民所得(Y)は増加する

 

ISーLM曲線とAD曲線

物価(価格)が減少すると、国民所得が増加する

 

AD曲線の形状やシフト

様々な場合のAD曲線の形状やシフトを示す。

利子率弾力性がゼロの場合

投資の利子率弾力性がゼロの場合はAD曲線は垂直になる。

価格(P)が下がり、貨幣供給量(M/P)が増加し、LM曲線は右にシフトする。利子率は低下する。投資の利子弾力性がゼロであれば、IS曲線は垂直であるので所得(Y)の変化はない。したがって、価格(P)が減少しても、所得は変わらない。

 

財政政策との関係性

拡張的財政政策を行った場合、IS曲線は右にシフトする。

国民所得(Y)は増加する。(Y1 → Y2)

 

金融政策との関係性

拡張的金融政策を行った場合、LM曲線は右にシフトする。

国民所得(Y)は増加する。(Y1 → Y2)