Tweet

市場の失敗

市場の失敗

需給バランスが成立し、資源が最適に配分される「市場メカニズム」が十分に機能しない現象のこと。
市場の失敗が生じる原因としては、以下が考えられる。
・”独占、寡占”:適正な競争が働かずに価格がつり上がってしまう。
・”外部性”:社会的費用を企業が自社のコストと考えず、結果的に製品の過剰生産。
・”情報の非対称性”売り手と買い手の間での”商品・サービス”に対する情報の差により適正な価格での取引ができない。

 ・大和証券 市場の失敗

 

発生の例① 情報の非対称性

商品やサービスの売り手と買い手の間、または企業と投資家など異なる経済主体の間で保有する情報に格差があること。

例で医師と患者の関係性を例に挙げる。医師の方が医療情報において優位にある。したがって、適正な需給バランスが成立しているのかが不明である。

 ・大和証券 情報の非対称性

 

発生の例② 独占・寡占

学校はお金を支払う代わりに教育というサービスを提供する。

企業は成長した企業を採用することによって、教育の費用を負担することなくサービス受けることができる。企業が優位てきな立場にある。