Tweet

Power to Gas

今日のつぶやき

Power to Gas って知っていますか?先日、ネットで見つけた言葉で聞いたことも無いWordで気になったのでつぶやきます。

 

Power to Gas とは?

再エネなどで発生した余剰電力を気体燃料へ貯蔵・変換する方法のことです。

 

今、注目されている??

近年では地球温暖化対策などの観点から、環境に配慮した発電、すなわち再生可能エネルギー通称: 再エネが注目を集めています。再エネには電力の安定供給という点で課題があり、その課題をうまく利活用できる方法として注目されているのです。

 

余剰電力を活用できる

再エネは自然資源を活用した発電であるために、電力の供給が安定的ではありません。
供給不足の時もあれば、過剰供給になるときもあります。
Power to Gas はその余剰電力を活用することができるのです。

 

Power to Gas の仕組みは??

:気体変換の方法に方法には主に2種類、存在する。

 

① 水素(H2)への変換

再エネの余剰電力を利用して、水を電気分解し、水素(H2)を生成する方法。

 

② メタン(CH4)への変換

電気分解で生み出された水素(4H2)と二酸化炭素(CO2)の化学反応によって、メタン(CH4)と水(2H2O)を発生させる方法。

 

メタンの利用先

受渡設備を通して、既存の天然ガスインフラへ

参照元:http://www.tng-gas.co.jp/supply.html

 

メタンの課題

長期貯蔵が難しいこと、生成のための設備購入・製造コストの増加とガス変換効率の悪化

 

さいごに

電力の貯蔵方法は、従来からありました。しかしながら、従来工法では数多の課題(土地の制約上の問題、コスト面など)があり、社会実装には至っていない状況でした。今回紹介したPower to Gas は従来の課題を克服した工法であり、今後も注目を集めていくことでしょう。